うるさいいびきがあるときの原因と改善方法

うるさいいびきとなる原因としては、まずは睡眠時無呼吸症候群といった症状が考えられます。これは、肥満などによって喉の呼吸がしにくくなることで、筋肉の緊張がなくなりやすい睡眠時に呼吸の気道が塞がれることによっておこります。そのため、これを改善するには、余分な脂肪をおとすといったようなことをするとともに、呼吸をするところを確保するために、鼻呼吸を出来るようにしたり、体を横にしたりといったようなことをします。

 

暫定的なその場の対策としてはこういったもので対処することになりますが、長期的な対策としては、生活習慣を見直すといったようなことも大切です。単にいびきといっただけなら特に問題はないこともありますが、うるさいいびきとなると体の病気のあらわれともいえますし、これが原因で不眠症になったり、よく眠れないことで、体の不調の原因にもなりかねません。特に頻繁にうるさいいびきが出るといったときには注意をする必要があります。

 

この症状の改善方法のポイントは呼吸にあります。いびきといったものは呼吸がしにくくなったときに、気道をあけるようにしてほしいというサインと考えられます。ですから、その改善方法は基本的には気道の確保といったことになるわけです。枕を体に合ったものにするといったことでうるさいいびきが改善するといったこともありますし、布団を変えてみるといったことを考えるのもいいでしょう。最近では鼻にテープを張って鼻の気道を大きくするといったことをするケースもあります。

 

いびきというとたいしたことないといったことと思われがちですが、あまりにうるさいとなると何らかの体の疾患が考えられることにもなりますから、しっかりとした改善方法を検討することが大切です。

 

また、いびきについては本人に自覚がないといったケースも少なくはありません。ですから、周囲の人が気づいて指摘をしてあげるといったことも必要です。本人が気づかないうちに睡眠時無呼吸症候群となっていて、体調不良になっているといったこともありますし、周囲にも迷惑をかけてしまっているといったことにもなります。

 

本人の為にも周りの人のためにも指摘をしてあげるといいでしょう。そのときには、どういった症状になっているのかといったことを丁寧に教えてあげるといいでしょう。特に頻繁に症状が出ている時には指摘してあげることが本人の為にもなります。本人ではなかなかわからないことだけに感謝されることになるでしょう。

 

おすすめのいびき解消枕はこちら >>